2018 アイスランド代表 アウェイ ユニフォーム 半袖

イタリアのスポーツ用品ブランドである「Erreà」(エレア)とKSI(アイスランドサッカー協会)は2018年3月20日、レイキャビクでアイスランド代表がロシア・ワールドカップで着用する新アウェイ ユニフォームを発表した。

新発表の2018 アイスランド代表 アウェイ ユニフォーム 半袖は硬い氷を象徴している白を基調に採用した。肩のグラフィックはホームユニフォームと同じで、ホワイトが基調だとドットグラフィックがより映える。なお、アウェイのネームや胸・背番号の色は青にする。

アウェイ ユニフォームのボディは柔らかい素材を採用して、優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出す。

内側に見える『FYRIR ÍSLAND』は、アイスランド語で「アイスランドのために」という意味だ。『ISLAND』は国名です。

背面の首元にはアイスランド国旗をプリント。背面の国旗はプリント。

ロシアワールドカップに向け、アイスランド代表 ユニフォームの発売やほかニースにご興味があれば、こちらへどうぞ!

Telstar 18-2018FIFAワールドカップ公式試合球

アディダスは10日、2018年のロシアワールドカップの公式試合球『TELSTAR 18(テルスター18)』を発表した。『TELSTAR 18』は、1970 年メキシコ大会で初登場したアディダス史上初のFIFA ワールドカップ公式試合球である『TELSTAR(テルスター)』からインスピレーションを得ています。『TELSTAR 18』のメタリックプリント技術を活用した正方形柄(ピクセル)が組み合わされたデザインはデジタル時代を象徴しており、スタジアムとストリートのいかなる場でもパフォーマンスに貢献する工夫が凝らされている。

また、今回の『TELSTAR 18』のかいはつには、アルゼンチン代表、コロンビア代表、メキシコ代表のナショナルチームと、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、レアル・マドリー、アヤックスのクラブチームがテストプロセスに関わっており、世界レベルのプレーヤーたちのニーズを満たすものとなっている。

アディダスについて:

ドイツのスポーツ用品メーカーアディダスはFIFAワールドカップのプレミアムのパートナーの一つである。それもスポンサーシップ契約を2030まで延長しました。男子ワールドカップだけでなく、FIFA女子ワールドカップやU20ワールドカップも含む。

スポンサーとして、アディダスがワールドカップの公式試合球を提供し、ボランティアたちに制服を提供する責任がある。

アディダス 2018 サッカー代表 ユニフォーム一覧(12枚)

アディダスが2017年11月で公式発表したサッカー代表ユニフォームの写真一覧です。コロンビア代表、メキシコ代表、ベルギー代表、日本代表、アルゼンチン代表、ドイツ代表、ロシア代表、スウェーデン代表、ウェールズ代表、北アイルランド代表、スペイン代表やエジプト代表のホームユニフォームは写真は下記のように。

コロンビア代表:ホームモデルの色基調は伝統的な黄色です。青、赤、黄の色あわせがコロンビアのシンボルとなっています。「UNIDOS POR UN PAIS」という言葉はユニフォームに入り。

メキシコ代表:ホームモデルの色基調は伝統的な緑です。史上初、メキシコ代表ユニフォームの生産国がメキシコになります。全てのユニフォームに「Hecho En México」というタグを入り。

ベルギー代表:ホームモデルの色基調は伝統的な赤です。愛称が「赤い悪魔」のベルギー代表 ホームユニフォームの脇にアディダス勝利スリーストライプを入れられている。

日本代表:「勝色」をテーマに!!アディダス珍しいデザイン。

アルゼンチン代表:ホームモデルは“セレステ・イ・ブランコ”(空色と白)のカラーをシンプルに打ち出したクラシカルなデザインを採用。adidasの2018モデルとしてスリーストライプスはやはり肩に入れられている。

ドイツ代表:ホームモデルは伝統な白を基調でチームの愛称「Die Mannschaft」を裏側にデザイン。胸の中央には、前回大会王者の証となるチャンピオン・エンブレムをプリント。

ロシア代表:ホームの伝統色は赤です。シンプルなvネック。「Вместе К Победе」が後ろの襟部分に入り。

スウェーデン代表:先に発表されたベルギーの新ユニフォーム同様、adidasの象徴“スリーストライプス”は脇へ!背面の首元にはスウェーデン語の国名である「SVERIGE」の文字が入れられている。新しいユニフォームの協会エンブレムも「SvFF」でなく、SVERIGE」の文字が新たに入れられている。色もレッドを無くしてブルーとイエローのシンプルな構成となった。

ウェールズ代表:伝統である赤を基調にしたシンプルなデザイン。adidasの象徴“スリーストライプス”は脇へ!独特ヘンリー襟も珍しい。

北アイルランド代表:1982年のスペイン・ワールドカップ本大会で着用したadidas製ユニフォームにインスパイアされている2018ホームモデル。スリーストライプスは脇部分に配した。

スペイン代表:チームカラーで愛称でもある「ラ・ロハ」のホーム。そして黄色の“スリーストライプス”は、やはり肩に配されている。

エジプト代表:伝統的な赤を基調にクルーネックの首まわりや袖口に再び黒を配した。

サッカーユニフォームのサプライ分析

本日は、サッカーユニフォームのサプライについて、世界中で有名なスポーツ大手ブランドの様々の配置などについて紹介いたします。

ご存知のように、スポーツブランドによってデザインしたユニフォームのスタイルや搭載しているテクノロジーなどももちろん違いがありますよ。

次の内容はスポーツのブランドからその違いを一つずつ紹介いたします。何か困った点がありましたら、どうかコメントでなおしてください。

アディダス(adidas):2017年11月06日をはじめ、ドイツのスポーツ用品メーカーアディダスが2018ロシアw杯で出場決定のサッカーユニフォーム(代表 ユニフォーム)を相次ぐ公式に発表されました。例えば、「勝色」をテーマに2018 日本代表 ホーム ユニフォーム、FIFAでの輝きに敬意を表すアルゼンチン代表、コロンビア代表、ドイツ代表、スペイン代表やベルギー代表ユニフォームなどです。FIFAランキングから見ると、世界の強豪代表チームの中でアディダスでも立派なシェアを占めています新しいサッカーユニフォームもアディダスの「Climachill」を搭載しています。

プーマ(puma):先発の2018イタリア代表ホームユニフォームに続いてドイツのスポーツ用品の製造・販売を行う多国籍企業プーマも新シーズン代表ユニフォームを公開されました。11月08日はチェコ代表、11月10日がスイス代表のホームユニフォームを発表しました。新しいサッカーユニフォームもプーマの「evoKNIT」を搭載しています。

ナイキ:(nike):アメリカ合衆国のスポーツ企業「ナイキ」はサッカーブラジル代表、イングランド代表、フランス代表やポルトガル代表 ユニフォームを前続きに提供しています。いわゆる、ナイキが世界の伝統的な代表チームの中で強い勢力を持っています。2018シーズンのナイキサッカーユニフォームの新突破を一緒に楽しみましょう。

参考:https://worldcup-uniform.com/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E5%90%84%E5%9B%BD%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/